紅白🌸

早いものでもう12月ですね!
この時期、お庭やプランターに葉ボタンを植えられているのをよく目にします。
少し前までは、紅白の葉ボタンを見ても、キャベツみたいで何が良いんだろう??
と思っていましたが、歳を重ねるにつれ、葉ボタンの魅力が少しずつわかってきました!

 

 

葉ボタンの名前の由来は、花姿が「牡丹」に似ていることと色づくのが、花ではなく葉っぱのため「葉牡丹」という名前がつけられたそうです!
葉ボタンは別名「ハナキャベツ」とも呼ばれ、カリフラワーやブロッコリーの仲間になります!


11~2月に色をつけ見頃を迎えます。
寒さに強く、冬の寒さに当たることで、より鮮やかさを増していきます。
寒さには強いですが、北風や強い霜にあたると株が弱ってしまい、葉が枯れてしまうことがありますのでご注意ください!

 


葉牡丹がお正月に飾られる理由は、縁起のよい植物「牡丹」に花姿と旬の時期がよく似ていることや、葉ボタンの花言葉『祝福』『利益』『慈愛』『愛を包む』など、お祝い事にぴったりの花言葉がついていることから、縁起のよい植物として、お正月に飾られるようになったそうです!

縁起が良いだけでなく、お花の少ない時期に花壇を彩ってくれるのも魅力的な葉ボタン♫お庭にあるだけで運気向上のご利益がありそうですね(^^♪

 

2019年12月02日